top of page

【Flower Market Report】Columbia Road Flower Market

更新日:2月19日


de aone TERRACE CLUBでは、花とグリーンをテーマにした「JIYUGAOKA BOTANICAL MARKET」を定期開催しています。

現在1、2月は冬季お休み期間。そこで、各地のフラワーマーケットの今を(不定期に)レポートします。


今回は、JIYUGAOKA BOTANICAL MARKE実行委員会メンバーも大好きな、「Columbia Road Flower Market(コロンビア・ロード・フラワー・マーケット/ロンドン)」の様子。

イギリス情報ウェブマガジン「あぶそる〜とロンドン」編集長、江國まゆさん(ロンドン在住)からのレポートです。

旅気分で楽しんでください。





日曜日のロンドンで何をしようか迷ったら、街いちばんの花市場、コロンビア・ロード・フラワーマーケットへ行ってみませんか?


イギリスはガーデニングの国ですが、ここへ来るとそのカルチャーの源になるエネルギーを、ひしひしと感じます。花売りたちの威勢のいいかけ声が響くなか、お洒落な現代っ子たちが1週間分の花束を求めて練り歩く場所。


東ロンドンならではの下町情緒と、トレンド発信地の活気が混ざり合う独特の空気を吸い込みに、つい今週も足が向いてしまう。ミモザの黄色が、春の輝きを感じさせる季節になりました。



マーケットは毎週日曜日の朝8時から午後3時まで。毎週大賑わい。

2-3月はミモザシーズン。
花やグリーンを抱えて歩く人々の姿も素敵。

花を持って歩く人がたくさんいる街っていいよなぁ、と。JIYUGAOKA BOTANICAL MARKETは、そんな想いで始まったマーケットです。

街角で音楽。こんな風景も日本でももっと増えたらいいですよね。

マーケットに並ぶ花から季節が感じられます。

マーケットには、切花、ドライフラワー、多肉植物、観葉植物からハーブまで、多種多様の植物が並びます。



ここはスタイリッシュな街ショーディッチやハックニーに近い場所。きっと近くに住むアーティストやヤッピーたちが花やグリーンを求めてやってきているのでしょう!
お花を買ったらストリートでピザを食べて。週末の過ごし方、正解!

マダムもコーヒー片手にグリーンを物色。



ロンドンへ行った際には、是非この雰囲気に触れに行ってみてください。


近々ロンドンへ行く予定がない場合は、是非自由が丘へ。

3月から、JIYUGAOKA BOTANICAL MARKET再開です。




photo: 江國まゆ


ー  ー  ー  ー  ー


JIYUGAOKA BOTANICAL MARKET vol.3

花がなくちゃ生きていけない


2024年3月30日(土)、31日(日)

11:00 - 17:00

会場:JIYUGAOKA de aone 3F「de aone TERRACE CLUB」

東京都目黒区自由が丘2丁目15−4


*小雨決行

*入場無料


「花と植物」をテーマにしたマーケット。

植物のあるくらしをもっと身近に。

花のある毎日をもっと気軽に。

Comentários


bottom of page